ニキビ跡消す > ニキビ跡消す-大人ニキビの特徴とは-

ニキビ跡消す-大人ニキビの特徴とは-

大人ニキビとは、その名が示す通り、大人になってからできるニキビのこと。思春期のニキビとはあえて区別されています。というのも、思春期のニキビと大人ニキビとではできる原因が違ってくるからです。思春期のニキビは成長ホルモンの働きが活発になるため、発毛を促す作用があります。
ニキビ化粧水の情報サイト - 実は頭皮にもニキビはできる!?

そうなると当然毛穴も発達し、皮脂線も発達するため皮脂が過剰に分泌されます。実際には、皮脂の分泌のピークは25歳前後ですが、10代の方が圧倒的にニキビに悩む理由は、皮脂がどんどん増えてくるにもかかわらず、毛穴の発達が追い付かないからです。

このように思春期のニキビの原因は「皮脂の過剰な分泌」にあるのですが、一方大人ニキビの場合は、乾燥肌なのにニキビができやすいという特徴があります。これは、分泌する皮脂の量に比べて毛穴が小さい、あるいは毛穴がつまりやすいからです。

大人ニキビに悩む人の半数近くが思春期にはニキビがなかったと言います、それ以外の多くの人も思春期にはニキビはあったものの、いったんは収まって、20歳を過ぎたあたりからまたひどくなったと答えています。

大人ニキビの場合、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。例えば不規則な食生活、便秘、睡眠不足などです。そんな中、最近特に増えているのがストレスによる大人ニキビです。 大人ニキビは治りにくいだけではなく、ニキビ痕が残って肌の表面に凹凸を作ってしまったり、シミの原因になってしまうこともあるのできちんとした対策が必要です。

10代は、新陳代謝も活発に行われているので、肌の皮脂の量も十分すぎるくらいありますが、20歳を超えたくらいから皮脂の分泌も弱まってきます。ですから、こうしたお肌に硫黄系の薬品を使うと肌がガサガサに荒れてしまう心配がありますので注意しましょう。

大人ニキビの場合、10代のニキビと違って「乾燥」がその原因になっていることが多いのです。それを皮脂のせいだと思って、洗顔を何度も繰り返したり、毛穴の皮脂をとろうとゴシゴシこすって洗ってしまうと逆効果になって悪化させてしまうので注意が必要です。

厄介な大人ニキビを改善するには

大人ニキビは厄介としか言いようがなく、治りにくい上、治ってもまた出てくるといった特徴があります。しかし、その原因をすぐに取り除くことができるなら、大人ニキビを繰り返すことはありません。 まず大人ニキビができる原因について、流れを追って書いてみますが、それを知ると納得できるでしょう。

職場でのストレスがたまり、ストレス解消と称して夜遅くまで遊んでしまう。その際、暴飲暴食、深酒をする可能性があります。その結果、睡眠不足となり心身の再生が促される大切な時間を削ってしまいます。

肌再生は寝ている間に行われますので、栄養不足な上に寝る時間が少ないとなれば、ターンオーバーにかかる日数だって長くなっていきます。ターンオーバー周期が正常なら肌トラブルはできにくいものです。 夜中に帰ってきて正しく洗顔できているかも疑問となりますし、メイクを慌てて落とすためクレンジングも肌に刺激を与えている可能性があります。

汚れを落としきってない、洗顔料を流しきってない、肌再生能力が低下しているとあっては、ニキビが治りにくいのも当然です。ストレスもあり、寝不足で栄養状態もよくない場合ホルモンバランスが乱れますので、ニキビはさらに治りにくく、繰り返すことは必至なのです。

大人ニキビを改善するには外からのケアだけでは不足だと言われています。何が原因かを突き止めて一つ一つ改善していくことで良くなっていきます。努力しても良くならないというのなら専門科を受診してみるのもよいでしょう。

また、便秘がちの方の場合、ニキビもできやすい傾向にあります。生理不順や月経困難症の方の場合もできやすいと言っていいでしょう。月経が原因なら婦人科を受診されるようにしてください。漢方薬でじっくりと改善していくことも可能です。

便秘の場合は快便を試みましょう。腸内に溜まってしまった腐敗物がガスを出し、血液に乗って肌にそれが現れるからです。正しいスキンケア、正しい生活のリズム、心身に良いストレス解消術を身につけながら、食生活も見直してみましょう。